障がい者募金・寄付金支援 にじネットワーク活動内容

「にじネットワーク」活動内容のご紹介

後援会の主な活動は、新城市で行われるイベントでバザーを行うことです。バザーでは焼きそばやお好み焼きなど食べ物を中心に販売しています。そして活動で得た収益は寄付金として運用されるのです。

このように、後援会会員の皆様、そしてボランティアで活動に参加していただいた方々、バザー活動の店頭にて商品を購入していただいた方々のお陰で、年間120万円程の寄付金ができ、新城福祉会を利用している障がいのある人たちのために活かされています。

にじネットワークの活動内容

「イベントで食べ物を中心としたバザー活動」

新城市で毎年行われる各種イベントで焼きそばやお好み焼きなど販売しています。


「後援会会員の募集活動」

案内チラシを配布し協賛いただける方から直接会費を集めたり、振込みをしていただいたりしています。平成25年7月頃には、WEB会員というシステムを導入する予定でいますのでインターネットから簡単に会員にお申込みいただけます。(会費は寄付金として「レインボーはうす」に納付いたします)


ボランティア募集中!!

「にじネットワーク」は販売に関わる準備や当日の設営、販売を手伝っていただける方を募集しています。 春には桜満開の桜淵公園でお花見をしながら、夏には夜店の賑わいの中で、秋には文化祭会場でイベントを楽しみながら一緒に活動しませんか?
一人でも多くの方の応援をお待ちしています。



ボランティア募集